×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Discography

1983
Metal Magic  
1984
Projects In the Jungle  
1985
I Am the Night  
1988
Power Metal  
1990
Cowboys From Hell 1st
1992
Vulgar Display of Power~俗悪 2nd
1994
Far Beyond Driven~悩殺 3rd
1996
The Great Southern Trendkill~鎌首 4th
2000
Reinventing the Steel~激鉄 5th
Far Beyond Driven -悩殺-
1.Strength Beyond Strength
2.Becoming
3.5 Minutes Alone
4.I'm Broken
5.Good Friends and a Bottle of Pills
6.Hard Lines, Sunken Cheeks
7.Slaughtered
8.25 Years
9.Shedding Skin
10.Use My Third Arm
11.Throes of Rejection
12.Planet Caravan
13.The Badge *
94年発表
Panteraの通算7枚目、メジャー3rdアルバム。前半は俗悪と繋がる部分があるが、他はミドルテンポの重苦しい曲が多い。ヘヴィさが増したと言えばそれまでだが、聴いてても、彼ら独自のサウンドの気持ち良さをあんまり味わえなかった気がする。曲の展開なども一癖あったということもあり、賛否が出たのかもしれない。ただ、ここまで重いサウンドを作れるのはすごい。

ひたすら突進する@、Fには一発ではまった。 甲高いギターが特徴のA。途中から入るスピード感のあるリフとギターソロが好きなJ。Black Sabbathのカバー曲Kなどが収録されている。
The Great Southern Trendkill -鎌首-
1.The Great Southern Trend Kill
2.War Nerve
3.Drag the Waters
4.10's
5.13 Steps to Nowhere
6.Suicide Note Pt.1
7.Suicide Note Pt.2
8.Living Through Me(Hells' Wrath)
9.Floods
10.The Underground In America
11.Sandblasterd Skin(Reprise)
12.Walk(live) *
96年発表
Panteraの通算8枚目であり、メジャー4thアルバム。本作ではダウンチューニングしたギターのサクザクしたリフが思う存分聴ける。途中でパタッと演奏が止まったり、いきなり加速したりなど癖のある展開は、前回の名残だろうか。CEHなどは、ただ重いサウンドだけがヘヴィではないことを実践したような静かな楽曲。Eは何とも悲しいムードのアコースティックナンバー。

気に入らない奴の顔を、両手で地面に押し付けているような場面がフラッシュバックする痛快さがいい。そして@Fの暴走っぷりには頭が下がりました。