×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Discography

1989
Pretty Hate Machine 1st
1992
Broken mini
1992
Fixed remix
1994
The Downward Spiral 3rd
1999
The Fragile 4th
2005
With Teeth 5th
2007
Year Zero 6th
Broken
Broken
1.Pinion
2.Wish
3.Last
4.Help Me I Am in Hell
5.Happiness in Slavery
6.Gave Up
98.Physical (You're So)
99.Suck
92年発表
Nine Inch Nails、トレントレズナーの知名度が一気に上げたミニアルバム。本作はヘヴィーでメタリックなインダストリアル要素がふんだんに積み込まれており、この手の音楽が好きな方にはたまらないのではないだろうか。数少ないトラックの中を終始暴力的なサウンドが飛び交っており、それはまるでレズナーの怒りが爆発しているかのようである。

グラミー賞を受賞し、そのステージで「Fuck!!」を連呼したことでも有名なAや、リフがとてもかっこいいBが個人的に好き。PVが放送中止になるほど衝撃的な内容だったDは、怒りに満ちたNINの代表曲。前述通り、レズナーの怒りを分かりやすく感じ取れる代表作であり、後の作品ほど難解ではないことから、NINの小難しそうな音楽性が苦手なリスナーにもおススメできるアルバムである。
The Downward Spiral
The Downward Spiral
1.Mr. Self Destruct
2.Piggy
3.Heresy
4.March of the Pigs
5.Closer
6.Ruiner
7.Becoming
8.I Do Not Want This
9.Big Man With a Gun
10.Dead Souls *
11.Warm Place
12.Eraser
13.Reptile
14.Downward Spiral
15.Hurt
95年発表
NINの傑作と名高いアルバム。トレント・レズナー自身の苦悩が一番現れている作品だと思う。彼の頭の中をそのまま音で表すとこのようになるのだろうか。今作から憂鬱な部分が音楽に本格的に現れだし、なおかつクールで攻撃的な機械音、ノイズで構成されている。多少とっつきにくい作品ではあるが、何回も聴きこむごとにそれぞれの曲のキャッチーさに驚くはず。

自己破壊主義と銘打ち、とても攻撃的に仕上がっている@やJoy Divisionのカバー曲I、NINの静かなる名曲Mは必聴。個人的にDEの流れがとても好き。ノイズの嵐、陰鬱さ抜群なところがこのアルバムを象徴する看板曲とも言える。Jの静けさが漂う美しいインストにもやられました。なんだか廃墟の工場で、殺人機械が暴走しているようなイメージを持たせる作品。
The Fragile
The Fragile
LEFT(Disc1)
1.Somewhat Damaged
2.The Day The World Went Away
3.The Frail
4.The Wretched
5.We're In This Together
6.The Fragile
7.Just Like You Imagined
8.Even Deeper
9.Pilgrimage
10.No, You Don't
11.La Mer
12.The Great Below
RIGHT(Disc2)
1.The Way Out Is Through
2.
Into The Void
3.Where Is Everybody?
4.The Mark Has Been Made
5.Please
6.Starfuckers, Inc.
7.Complication
8.I'm Looking Forward To Joining You, Finally
9.The Big Come Down
10.Underneath It All
11.Ripe (With Decay)
00年発表
The Downward Spiralから実に5年ぶりとなる作品。二枚組。陰湿さがさらに際立ち、キャッチーさも薄れたことで前作以上にさらにとっつきにくい作品となった。しかし音楽性や内容の濃さは前作をしのぐ完成度といえる。と言いつつ個人的にもまだまだこのアルバム良さを模索中の身である。

ノイズや機械音もさることながら繊細な音やピアノの旋律など様々なサウンドを取り入れつつ、彼ら独特の世界観を出すという偉業を成し遂げた。虚無感に圧倒され、聞き手も鬱になりそうな音世界なので、通して聴く場合は覚悟すること。