×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Information

Discography

2000
delicious way 1st
2001
Perfect Crime 2nd
2002
FAIRY TALE 3rd
2003
If I Believe 4th
2005
FUSE OF LOVE 5th
2006
DIAMOND WAVE 6th
2008
ONE LIFE 7th
2009
touch Me! 8th
2010
FUTURE KISS 9th
2012
OVER THE RAINBOW 10th
delicious way
1.Delicious Way
2.Love, Day After Tomorrow
3.Secret of my heart
4.Stepping ∞ Out
5.Baby Tonight ~You & Me~
6.Can't get enough ~gimme your love~

7.NEVER GONNA GIVE YOU UP
8.Stay by my side
9.Everything's All Right
10.happy days
11.君との時間
00年発表
倉木麻衣の1stアルバム。デビューシングル#2「Love,Day After Tomorrow」を始め、アニメ主題歌となった#3「Secret of my heart」など、彼女の代表曲が数多く収録されたデビュー作。デビューシングルからたちまち注目を集め、その後も出すシングルがいずれもスマッシュヒットしていく中、満を持してリリースされた本作。この作品が、約350万枚という売り上げを記録したという事実を知れば、彼女が登場したことによるシーンへの衝撃がお分かりいただけるだろう。ただ、その衝撃的な登場に反し、メディアにあまり露出しない佇まいや、慎ましい歌い方などから、とてもミステリアスな雰囲気をまとっているアーティストでもある。

そのシングルの圧倒的な存在感が本作の魅力かもしれないが、本作を聴いているうちに、それら名曲を支える他の楽曲が印象に残っていくはず。突然前半の熱量が抑えられた#4〜#6辺りは穏やかで心地良く、そのクールダウンっぷりからはカッコ良さすら覚えるかもしれない。ちなみに本作で個人的に好きな部分が#6「Can't Get Enough」〜#7「Never Gonna Give You Up」の流れで、倉木麻衣の魅力が最も現れている部分だと思っている。淡々と言葉を紡ぐていく、その冷めた歌い方が非常にカッコ良く、癖になる二曲である。

彼女は、そのクリアで優しい歌唱法と、感情の変化をあまり感じさせない歌声で、その神秘的な雰囲気をより強くしている。彼女の魅力は、一人で成り立つような張り上げる歌声ではなく、バックの音に溶けこみながら、お互いのサウンドを支えあうクリアな歌声なのである。楽曲の雰囲気を解釈し、繊細な絡みを魅せていく彼女の歌声は非常に心地良い。後にコンスタントに良作をリリースしていく彼女だが、やはり最初に聴いていただきたいのは本作だ。