×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Information

Discography

2006
Mirrors 1st
2008
Bondage Heart 2nd
2004
Very 3rd

Mirrors
1.OVER YOU
2.世界のささやき
3.Rain song
4.I (love) U
5.Freedom leaf
6.Coffee & SingingGirl!!!
7.7STARS
8.Mutter of Metal
9.ALABAMA
10.Chick,Shick Radio
11.Step by step
12.Sunburst
06年発表
 フルカワミキのソロデビューアルバム。今まで確信犯的に大きく作風を変えて活動してきたスーパーカーの元ベーシストであり、最終的にはエレクトロにまで行き着いたバンドを支えるような存在だった彼女。細身の体躯で黙々とベースを演奏し、時に可愛らしいヴォーカルを披露していたのが印象的だった。そんな彼女がバンド解散後一年経ってリリースしたのが本作である。

 エレクトロサウンドを主軸に作り上げられた軽快なポップサウンドを中心に、フルカワミキのあどけない歌声が溶けこむように流れていくのが印象的。そのヴォーカルは、スーパーカー時代と比べるとたくましさや表現力が加わっているのが伝わる。ギターロック調のシングル#7「7STARS」などもあり、全体を統合してみるとまるで後期スーパーカーを思い出させる作風となっている本作。ソローアーティストとなった彼女の魅力を見事に引き出しているように感じる。やはり彼女のようなウィスパーヴォイスにはフワフワとした電子音が似合う。

 後期スーパーカーに最も近いサウンドを鳴らしているのはおそらく彼女だろう。オーガニックな雰囲気も持ちあわせていたり、それを思わせる"いかにも"なシンセが飛び出してくる。キラキラとした電子音で優しくポップな世界観を作りだした、フルカワミキならではの作品と言える。