×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Discography

2001
Ellegarden mini
2002
Don't Trust Anyone But Us 1st
2002
My Own Destruction mini
2003
Bring Your Board!! 2nd
2004
Pepperoni Quattro 3rd
2005
Riot on the Grill 4th
2006
Eleven Fire Crackers 5th

Eleven Fire Crackers
Eleven Fire Crackers
1.Opening
2.Fire Cracker
3.Space Sonic
4.Acropolis
5.Winter
6.
Gunpowder Valentine
7.アッシュ
8.Salamander
9.高架線
10.Alternative Plans
11.Marie
06年発表
Ellegardenの5thアルバム。シングルBGのロングヒットにより、ますますバンドは人気と知名度を上げることとなった。本作は、その右肩上がりの勢いを解き放ったような作品となっている。今回のサウンドは今まで以上に激しく火花が散っており、まるでバンドのモチベーションをそのままサウンドで表現したかのようである。一瞬でリスナーを引き込む即効性は相変わらずで、それに加えて今回はサビでの爆発の威力が増し、ひねくれの無いストレートなロックを存分に味わうことが出来る。

骨太で力強いサウンドがとてもカッコよく、過去の作品と比べるとずば抜けている感じさえある。もはや初期の青春パンクの面影は無い。脳にズカズカと響くドラムの音に、纏わりつくものをはじき飛ばすように勢いのある轟音サウンド。特に火薬が爆発したように派手なサビは圧巻で、火花の飛び散りが目に見えるかのようである。中でもEは、激しいドラミングと轟音ギターで畳み掛ける、とてもシンプルだが本作の音楽性をよく表している素晴らしい楽曲。このようにサウンドの威力が増したとしても、細美のヴォーカルは決して無理がないため、それがまた冷静でカッコよく聴こえるのである。Cのサビに至っては囁いていると言ってもいい。他にも、Gがアルバムの曲調に合わせて芯の太いサウンドに作り変えられているのも良かった。

既存のリスナーにとって本作は賛否両論のようだが、新規のリスナーにとってはロックのダイナミズムとポップでキャッチーな音楽性が絡まった本作の音楽性には、単純ながら納得できるのではないだろうか。個人的には、彼らの魅力でもあるサウンドの爆発力は、ココで極まったような気がしてならない。