×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アーティストレビュー HOME

Discography

2002
Springman 1st
2004
REALIFE 2nd
2005
4REST 3rd
2006
6-feat raretrack
2006
Twister 4th
REALIFE
Realife
1.2%
2.RAISING THE ROOF!!!
3.RIVER
4.LIFE-SIZE
5.Pee!Caa!Poo!
6.Swear like a trooper,4 your destiny
7.Trapped
8.nil?
9.A-ra-ra-gi
10.recollection
11.IN THE END
12.GOODBYE TO ROMANCE
04年発表
10-FEETの出世作となった2ndアルバム。私はパンクというものを毛嫌いしていた節があったが、このアルバムは大好き。メロコアだけど青臭いだけで終わらない、ジャンルを超えたクオリティの高さを感じさせたのは、このバンドが初めてだった。下地はパンクバンドだが、ヒップホップやメタルなどと手を取り合ったミクスチャーとしての印象が強く、懐も深い。そしてなにより楽器の音がクリアで聴きやすい。特にギターの音はまるで光線銃のよう。

それとVo.の声の多彩さも魅力の一つ。いい声を持ちながらもラップ調で歌ってみたり、ふざけてんのか?と言いたくなるような歌い方があちこちで聴けるが、いろんな曲調に対応出来るという意味では、それはそれでバンドにとって良いエッセンスになってる。聴きやすくて元気になれる、パンクの良さをこのアルバムによって叩き込まれたようだった。個人的な想い入れも含め、本作は素晴らしいと感じた作品。ちなみに特に好きなのはG。メジャーデビューシングルであり、10-FEETの楽曲センス、個性などが一番見える楽曲ではないか。
4REST
4rest
1.4REST
2.MONKEY
3.VIBES BY VIBES
4.BUZZING
5.LITTLE MORE THAN BEFORE
6.BE NOTHING
7.IOWA
8.HEY!
9.exodus
10.MOVING is CHANGING
11.Freedom
12.GOING CRAZY
05年発表
10-FEETの3rdアルバム。様々なジャンルの音楽を演奏するのが魅力的な彼らだが、今作はそれをさらに煮詰めたような作品。パンクやヒップホップ、ハードロックなど様々な要素を一聴して感じられるはず。

ミディアムバラードDやヘヴィな楽曲Eは彼らの新境地と言える。シングルのCの聴きどころ満載なキャッチーさも素晴らしい。にしてもVoが良い。ふざけるところはふざけ、まじめなところはまじめに、というメリハリをつけようとするスタンスが声によって伝わってくる。この作品に限ったことじゃないけどね。